ウォシュレットの清掃と交換

ウォシュレットのお掃除方法

ノズルをお掃除しましょう

ウォシュレット付きの便器をお掃除する時に、つい見逃してしまうのがノズルです。
ノズルはいざ掃除をしようというときは、中に入って隠れています。
そのため「まあいいかな」と思って放置してしまっている人もいるのではないでしょうか。
「正しいお掃除の仕方でないと、電気製品ですし、壊してしまいそう」
そんな理由でなかなか掃除ができないという事もあるでしょう。
でも、きちんとした手順で行えば、大丈夫です!

ノズルを出してお掃除する

ウォシュレットの操作パネルに「ノズル掃除」というボタンがあります。
ボタンを押すとノズルが出てきます。
まさに「掃除してください」という感じの佇まいです。
正しい清掃方法を知れば、怖がることはありません。

優しく布で拭き洗いする

汚れがひどくない場合は布や、アルコールシートなどを使って拭き洗いをしましょう。
水の出る部分をゴシゴシしすぎて、糸くずや紙片をつまらせないように優しく拭いてください。
汚れがひどい場合はトイレ用の洗剤を布などに浸して洗いましょう。
これでノズルの清掃は終了です。
壊さないように慎重に、やさしく、シンプルに洗うのがポイントです。
ストップボタンを押してノズルを元の位置に戻しましょう。

ウォシュレットが壊れたら

ウォシュレットは電化製品なので寿命があります

ウォシュレットは冬にはおしりをあたためてくれ、いつもおしりをきれいにしてくれる頼りになる存在です。
ただしウォシュレットは電化製品です。
テレビや洗濯機と同じように、数年で寿命を迎えてしまいます。

壊れたら交換をするのをおすすめします

ウォシュレットが壊れたら、水が漏れてしまったり、便座が冷えたままになってしまったり、焦げ臭いにおいがしたりする事もあります。
これでは落ち着いてトイレを使用することができません。
修理に出すという手もあるのですが、長年使ったウォシュレットの場合は、交換することをおすすめします。

機能も進化し節電が進んでいてお得

ウォシュレットはどんどん機能が進化していて、節電対策も進んでいます。
最新のウォシュレットに買い替えた方が、修理に出すよりも安いというケースが考えられます。
長く使ったウォシュレットほどその傾向が強くなります。
また新しいウォシュレットの新機能はとても魅力的です。
故障してしまったのを良い機会にして、新しいウォシュレットに交換してみましょう。

買い換えるならTOTO製品がおすすめです

TOTOのウォシュレットはラインナップも充実

「ウォシュレットといえばTOTO」というファンも多いと思います。
最新のTOTOのウォシュレットは機能が進化していてラインナップも豊富です。

KFシリーズはスリムボディでオシャレ

ウォシュレットがちょっと大きすぎて気になる人におすすめなのが、「KFシリーズ」です。
「超薄」のスリムボディは、従来品が180mmなのに対して、99.9mmという約半分の薄さを実現しています。
ウォシュレットが薄くなると見た目がオシャレになります。
ぜひ実物を見て欲しいと思います。
トイレもスタイリッシュにまとめたいというかたは、きっと気に入ると思います。

最新の機能が充実で便器がいつでもピカピカに

使うたびに毎回自動で洗浄除菌をして清潔を保つ、新しいノズルも嬉しい機能です。
また人が便器に近づくと、便器の表面に水のミストを吹きかける機能もあります。
汚れがつきにくく落ちやすくなるので、黄ばみや黒ずみがつきにくくなります。
また清掃がしにくい「フチ裏」を、デザイン上なくしたので隠れた汚れに心配する必要もなくなりました。
自動で洗浄除菌をする機能、そして洗いやすいデザインになっているので、便器をいつでも清潔に保てそうです。

このページの先頭へ