トイレの便器をピカピカにする&詰まった時の対処法

トイレを新品同様に清掃する方法

まずは徹底的に掃除をして新品同然の便器に戻す

運気も上がるし、心もスッキリすると評判のトイレ掃除。
さっそく始めようと思って、あらためて自分の家のトイレを見てみると便器が黒ずんでいたり黄ばんでいたりして、「手強そう」と感じる人もいるでしょう。
そこでくじけてはいけません。
まずは休日などを利用して、徹底的にトイレを掃除しましょう。
目標は新品同然の便器の状態に戻す事です。

便器の黒ずみをどうするか

便器の黒ずみは、実は空気中のほこりなどが付着して固くなってしまったものです。
そのため、見た目よりも意外と簡単に落とすことができます。
一般的なトイレ用の中性洗剤を使って、トイレブラシでこすります。
もしも落ちない場合は、研磨剤が入っているクレンザーを使用すれば大丈夫です。
それでも取れないしつこい黒ずみがあっても慌てる事はありません。
サンドペーパーを使って削りとる事ができます。
注意したいのは便器をキズつけないように目が細かいものを購入すること、耐水性のものを選ぶことです。

便器の黄ばみを落としましょう

便器の黄ばみには「湿布法」という方法を使います。
便器の黄ばんだ部分にティッシュペーパーを敷いて、そこにトイレ用洗剤をかけて時間を置くという方法です。
中性洗剤で落ちない場合は、酸性の洗剤を使ってみましょう。
ティッシュで洗剤を浸して数分待って、ブラシでこする。
一度で落ちなければ、繰り返していくうちに徐々に黄ばみは落ちていきます。
それでも落ちない場合は、黒ずみの時と同じようにサンドペーパーをつかって削り取れば完璧です。

プロの清掃法はすごい

紹介した家庭でもできる便器の清掃方法でも、どうしても落ちない黒ずみや黄ばみがあります。
そんな時はプロの業者に頼んでみましょう。
あんなに頑固だった黒ずみや黄ばみがあっという間に落ちてしまうから不思議です。

使っている洗剤が違う

プロの業者がつかう洗剤は、一般のドラッグストアなどで購入できるものとは違います。
かなり強力な酸性の洗剤を使います。
とにかく強力なので、取扱いがとても難しいのです。
ただし効果は抜群で、便器は真っ白の新品状態に戻す事ができます。

「ケレン棒」って知ってますか?

プロの使う道具に「ケレン棒」というノミの一種があります。
便器にこびりついてしまった尿石は市販の洗剤や薬品では歯が立ちません。
しかしこのケレン棒で削れば、簡単に取り除くことができます。
仕上げにサンドペーパーを使ってきれいに仕上げます。

どこまできれいになるか、プロの業者に頼んでみたくなりますね。

もしもトイレが詰まったら

なぜトイレが詰まるのか

せっかく新品同然の便器になったのに、突然トイレが詰まってしまうことがあるかもしれません。
トイレが詰まる原因で一番多いのが「紙類の詰まり」です。

・子どもがふざけてトイレットペーパーをたくさん引き出して流してしまった
・床の汚れなどをトイレットペーパーで拭いてその分も同時にトイレに流してしまった
・大丈夫だと思ってティッシュなどを流してしまった
このような時に紙詰まりが起こります。

異物が落ちていないか注意しましょう

他にもオモチャや携帯電話やライターなど、本来流してはいけないものを便器の中に落としてしまうとトイレは詰まってしまいます。
トイレが詰まったら、まずは何か落としていないかを疑ってみるといいでしょう。

トイレの詰まりを解消する方法

トイレが詰まったら、「まずはしばらく放置する」のがおすすめです。
これは紙詰まりが原因の時に有効です。
トイレットペーパーは水溶性ですので時間が経つとともに、徐々に水に溶けていくからです。
お湯(50~60度くらい・熱湯は便器が割れるので厳禁)を流してみましょう。重曹と酢を入れると、さらに効果的です。

吸引カップの使用方法

トイレが詰まると、吸引カップを買い行く人も多いでしょう。
なぜ吸引カップを使うと紙詰まりが解消するのでしょうか。
吸引カップを使うと水が吸われる勢いで紙の位置がずれます。
すると排水管と水の間に隙間が空いて水が流れ出すという仕組みです。
ゆっくりと給水カップを押し付けて、勢いよく引き抜くというのがコツです。
給水カップを早く動かすことよりも、一回ずつ丁寧に引き抜くことを心がけてみましょう。

それでも無理な場合はプロに相談する事をおすすめします。

このページの先頭へ