キッチンをいつでも気持ち良く使えるための清掃のノウハウをご紹介

ステンレスのシンクにやさしい清掃方法

ステンレスシンクの「好き嫌い」を知ろう

たくさんのご家庭で利用されているステンレスのシンクですが、お掃除するときに注意したいことがあります。
ステンレスシンクには「好き嫌いがある」ということです。
シンクが喜ぶ洗剤や洗い方を知ると、いつでもピカピカなシンクでいてもらえます。

塩素が嫌いです

ステンレスのシンクは塩素が苦手です。
よく使用する調味料の塩やしょうゆなどにも塩素が含まれます。
塩やしょうゆがシンクについたままだと、シンクがサビます。
気が付いたらすぐにふき取りましょう。

漂白剤も嫌いです。

マグカップなどが黒ずんでしまったとき、塩素系の漂白剤を使うと思います。
そのときに、排水口にふたをしてシンクに水をためて漂白剤を溶かしているとしたら要注意です。
塩やしょうゆと同じようにサビてしまう可能性があります。
漂白剤を使って漬け置き洗いをするときは、プラスチック製の洗面器などを利用するようにしましょう。

ナイロンたわしや金属たわしも苦手です

意外と繊細なステンレスのシンクはナイロンたわしや金属たわしも苦手です。
シンクの表面にキズがついてしまうことがあるからです。
ステンレスのシンクを洗う時は柔らかいスポンジにしましょう。
またスポンジを使う時も、クレンザーをつけるのは危険です。
クレンザーの大きな粒子がキズをつけてしまう可能性があるからです。
いちばん安心なのは重曹とお酢、あるいはクエン酸水をスポンジにつけて洗うことです。
シンクにキズをつけずにピカピカにすることができるでしょう。

コーキングの黒ずみをどうするか

シンクとのつなぎ目にシリコン剤などで水の浸入を防ぐようにコーキングされている部分があります。
そのコーキングの素材が黒ずんでしまうことがよくあります。
この黒ずみは、実はカビが原因です。
カビを落とすには弱アルカリ性の洗剤を使います。
しっかりと黒ずみに塗り付けて、しばらく放置しておきましょう。
サランラップを上からかぶせると、洗剤の乾燥が防げて効果的です。
その後きれいにふき取って、から拭きをすればカビが再び生えるのを防げます。

排水口をきれいにするとキッチンの居心地がよくなります

排水口からニオイがする時は

キッチンに立って料理を作っていると何やら変なニオイがするときがあります。
ニオイのもとをたどって行くと、そこはシンクの奥の排水口でした…ということが多いですよね。
こんな時はかなり排水口周辺が汚れている証拠です。
徹底的にお掃除をして、ニオイの元を絶ちましょう。

道具を工夫してピカピカにしましょう

まずは排水口の菊のような型のゴムを外します。
中性洗剤を使ってスポンジでゴシゴシ洗い、ぬめりと汚れをとりましょう。
ここでも重曹やクエン酸水を使うことができます。
ゴミ収納用の網目のバスケットを洗うのには工夫が必要です。
まず水洗いをして、おおまかなゴミを落とします。
そしてスポンジでゴシゴシ洗います。
仕上げに使い古しの歯ブラシで洗い残しを残らず落とします。
排水トラップと呼ばれるプラスチック製の器も取り出します。
こちらもスポンジと歯ブラシの二段階清掃でピカピカにします。
最後に排水口の内側も歯ブラシを使ってきれいにしましょう。

重層で仕上げましょう

重曹はキッチン周りにお掃除に使うのにとっても便利で安心です。
汚れを落とす事もできる上に、脱臭剤にもなります。
そのためニオイが気になる場所に重曹を置いておくとニオイを吸収してくれます。
排水口にもササッと振りかけておくと、ニオイをするのを防いでくれます。
排水口の大掃除が終わったら、おまじないのように重曹をかけておくといいでしょう。

このページの先頭へ